デコレーションに適した素材について

デコレーションは、これにはやってはいけない、などという制限はありません。

スマートフォンのような手に持てるくらいの大きさのものから、家電や車など大きなものまでさまざまなものにデコレーションすることができます。

ただし、やはり接着剤を使ってラインストーンを貼り付けるという作業ですから、接着剤がつきにくい、定着しにくいものには難しいところがあるかもしれません。

たとえば、PC(ポリカーボネート)、TPU(ウレタン樹脂)、シリコン、アルミ、レザー(革)などはあまり適さないと言われています。

また、やわらかいケースや表面がマットな素材は、やはり接着剤の定着がしにくく、細かいパーツの貼り付きが弱くなります。うまく貼ることができたとしても、使用しているうちに、本体がやわらかく折れ曲がるようなことがあった場合に、パーツが剥がれてしまいやすく、やはり不向きといえます。

そういう面では、シリコン系の素材やレザー(革)はあまりおすすめできません。

できれば、違う素材のものにデコレーションすることをお勧めいたします。

また、デコレーションに使用するパーツによっては、水に濡れると接着部分が腐食してしまうものがありますので、水に濡れる恐れのあるものには、あまりお勧めできないようです。