デコレーションのコツとは

デコレーションをする際のコツについてですが、小さなパーツを組み合わせてデザインをするデコレーションですから、そのコツを知っているかどうかで、出来上がりの完成度はかなり違ってくると言われています。

ラインストーンを貼り付ける時に、まっすぐに貼れないという話がよくあるようです。

ラインストーンは同じサイズのものでも多少大きさにバラつきがありますから、接着剤が乾ききる前に、ヘラやつまようじなどで位置の微調整をすることが大切です。

このくらい大丈夫と思って作業を進めていくと、後になって位置がずれていたということになってしまいます。

実際にデコレーションするときに定規などまっすぐなものを使って、ラインを揃えることもできますから、使ってみるのもいいのではないでしょうか。

また、一度貼ったラインストーンを剥がれにくくするコツですが、丸い形のラインストーンを使用するとどうしても隙間できてしまい、そこからはがれやすくなってしまうことが多いようです。

ですから、より細かいパーツを、隙間を埋めるように配置することで、ラインストーンが全体的に動きにくくなりますから、結果としてはがれにくくなることにつながります。

接着剤を多く使用するとはがれにくくなる、ということはありません。適量を使うということが大事なようです。